2010年05月27日

観光バスと軽自動車衝突=遠足帰り園児ら4人軽傷―長野(時事通信)

 21日午後2時15分ごろ、長野市北郷の県道飯綱トンネルで、59人乗りの観光バスと軽自動車が正面衝突した。この事故で軽自動車を運転していた同市の女性(61)が頭を打つなど軽傷。バスに乗っていた4歳と5歳の幼稚園児3人も顔や首の痛みを訴え、軽傷とみられる。
 バスには同市内の幼稚園の園児26人と教諭、保護者らが乗っており、戸隠方面へ遠足に出掛けた帰りだった。 

<メダカ>卵巣に生殖幹細胞 基礎生物研が発見(毎日新聞)
宇宙から帰還の「神秘の種」芽吹く 若田さんと無重力の旅「山高神代桜」(産経新聞)
<若年認知症>全国組織が発足 家族会など23団体が参加(毎日新聞)
小川直也も谷亮子出馬を批判 政治と柔道の両立「絶対に無理」(J-CASTニュース)
497人にフィブリノゲン 国立循環器病センター(産経新聞)
posted by イワキリ ヨシオ at 10:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

鞆の浦埋め立て架橋問題 住民対話集会が初開催 広島・福山(産経新聞)

 景観論争が訴訟に発展した広島県福山市の景勝地、鞆の浦の鞆港埋め立て架橋計画をめぐり、推進、反対両派住民による初の対話集会が15日、同市内で開かれ、基盤整備など今後のまちづくりについて意見が交わされた。

 集会は県の呼びかけで開かれ、同県の湯崎英彦知事や両派の住民のほか、「仲介役」の弁護士2人が出席し、非公開で行われた。

 終了後、湯崎知事は「交通、下水道、まちの活性化など鞆の浦の課題が出てきた。話し合いの入り口に立ち、うまい滑り出しができたと感じている」と話した。

 県は当初、2月に集会を開く予定だったが、仲介役の人選が難航し、3カ月遅れの開催となった。

 鞆の浦の埋め立てをめぐる訴訟は、1審で知事の埋め立て免許差し止めを求める反対派住民が勝訴し、県側が控訴している。

 県は集会の議論を踏まえたうえで、今年度末には一定の結論を出す方針を明らかにしている。

【関連記事】
福山・鞆の「観光鯛網」始まる
鞆の浦景観訴訟、住民対話のため期日延期を広島県が申し入れ
龍馬ゆかりの鞆の浦、海援隊知らしめた沈没事件 
広島知事、鞆の浦を視察
龍馬の船「いろは丸」就航 ちょっぴり小さめ…ゆかりの福山

「名前を聞いて確認を」=振り込め撲滅月間で橋幸夫さん―東京・巣鴨(時事通信)
名神で男性はねられ重傷 事故起こし車外歩行中(産経新聞)
郵便不正、凛の会元会員に有罪…大阪地裁(読売新聞)
【ぐるり地球紀行】今回は「台湾」をぐるり 山紫水明、神秘の眺め(産経新聞)
<小掛照二さん>東京で葬儀 陸上関係者ら約400人参列(毎日新聞)
posted by イワキリ ヨシオ at 15:26| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

B型肝炎訴訟で閣僚会合 救済範囲など検討(産経新聞)

 集団予防接種の注射器使い回しでB型肝炎ウイルスに感染したとして全国10地裁で係争中のB型肝炎訴訟で、鳩山由紀夫首相と仙谷由人国家戦略担当相ら関係閣僚は9日、札幌、福岡両地裁で出ている和解勧告の対応について首相公邸で協議した。政府は和解協議に応じる方向で検討を続けているが、さらに詰める課題があるため、引き続き検討する。

 訴訟では救済対象の範囲や賠償金額について、原告と国の主張の間に大きな隔たりがある。仙谷国家戦略担当相は「もう少し詰めなければいけない問題が多々ある」と述べ、札幌地裁の次回期日である14日までに再度協議を行い、政府の対応を決めていく考えを示した。

 全国原告団・弁護団は11、12日の両日、訴訟の早期全面解決に向け都内で集会などを開く一方、各政党の幹部と面談し、政府への働きかけを求めていく。

【関連記事】
B型肝炎訴訟 国が和解受け入れへ調整
B型肝炎訴訟 和解勧告に対応定まらぬ国 憤る原告「時間ない…」 
「患者に罪ない。和解を」B型肝炎訴訟で福井、名古屋でも訴え
裁判長「和解が望ましい」B型肝炎訴訟、大阪でも方針提示
「和解による解決を」B型肝炎訴訟原告団らが首相に請願書

「次女の看病の心地よさ」から犯行へ 点滴混入事件(産経新聞)
「リストラされ…いざこざ」45歳男、義父絞殺(読売新聞)
NTT労組側、民主議員らに「脱法献金」 9400万円で無償ビラ購入(産経新聞)
<築地市場>マグロ競り、見学再開(毎日新聞)
元巨人・中畑清氏、たちあがれ日本から出馬へ(読売新聞)
posted by イワキリ ヨシオ at 03:32| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。