2010年05月18日

鞆の浦埋め立て架橋問題 住民対話集会が初開催 広島・福山(産経新聞)

 景観論争が訴訟に発展した広島県福山市の景勝地、鞆の浦の鞆港埋め立て架橋計画をめぐり、推進、反対両派住民による初の対話集会が15日、同市内で開かれ、基盤整備など今後のまちづくりについて意見が交わされた。

 集会は県の呼びかけで開かれ、同県の湯崎英彦知事や両派の住民のほか、「仲介役」の弁護士2人が出席し、非公開で行われた。

 終了後、湯崎知事は「交通、下水道、まちの活性化など鞆の浦の課題が出てきた。話し合いの入り口に立ち、うまい滑り出しができたと感じている」と話した。

 県は当初、2月に集会を開く予定だったが、仲介役の人選が難航し、3カ月遅れの開催となった。

 鞆の浦の埋め立てをめぐる訴訟は、1審で知事の埋め立て免許差し止めを求める反対派住民が勝訴し、県側が控訴している。

 県は集会の議論を踏まえたうえで、今年度末には一定の結論を出す方針を明らかにしている。

【関連記事】
福山・鞆の「観光鯛網」始まる
鞆の浦景観訴訟、住民対話のため期日延期を広島県が申し入れ
龍馬ゆかりの鞆の浦、海援隊知らしめた沈没事件 
広島知事、鞆の浦を視察
龍馬の船「いろは丸」就航 ちょっぴり小さめ…ゆかりの福山

「名前を聞いて確認を」=振り込め撲滅月間で橋幸夫さん―東京・巣鴨(時事通信)
名神で男性はねられ重傷 事故起こし車外歩行中(産経新聞)
郵便不正、凛の会元会員に有罪…大阪地裁(読売新聞)
【ぐるり地球紀行】今回は「台湾」をぐるり 山紫水明、神秘の眺め(産経新聞)
<小掛照二さん>東京で葬儀 陸上関係者ら約400人参列(毎日新聞)
posted by イワキリ ヨシオ at 15:26
"鞆の浦埋め立て架橋問題 住民対話集会が初開催 広島・福山(産経新聞)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。