2010年01月28日

臓器移植、新規登録の4分の1が「親族優先」を希望(医療介護CBニュース)

 日本臓器移植ネットワークの「臓器提供意思登録システム」で、1月15-24日に新規に臓器提供の意思を登録した人のうち、約4分の1が「親族への優先提供」を希望したことが25日、厚生労働省の「厚生科学審議会疾病対策部会臓器移植委員会」で明らかになった。

 新規に登録した約700人のうち約170人が、親族への優先提供の意思を登録したという。
 また、既に臓器提供の意思を登録していた約5万3400人のうち約2500人が、親族優先を希望する内容に登録を更新していたという。


【関連記事】
親族への優先提供でガイドラインを改正―厚労省
親族提供目的の自殺抑止規定を盛り込む―改正臓器移植法の指針
自殺者からの親族優先提供認めず―臓器移植委
改正臓器移植法、優先提供は「親子と配偶者」に限定へ
臓器移植法改正案、「A案」成立

地下鉄線路内に男性遺体 千日前線・鶴橋駅(産経新聞)
普天間移設先から「硫黄島」取り下げ 社民・照屋氏(産経新聞)
首相「起訴ないこと望む」発言を撤回 衆院予算委(産経新聞)
<おいしくて甘~い>筆柿カレーが人気(毎日新聞)
菅家さん「全然かかわっていません」(産経新聞)
posted by イワキリ ヨシオ at 20:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。